女性の生き方(よめ)

0
    ちょと真面目なことを書きますー。

    女性の生き方、働き方について。
    昔に比べると女性は随分働きやすくなって、管理職にも就きやすく、男性同等のキャリアを積むことができる時代になりました。

    あたしも大卒で就活して正社員になって五年目。
    それなりに福利厚生が整っている会社で、それなりに報酬をもらっていると思います。

    で、妊娠。あたしは今月末をもって退職する道を選びました。

    前述の通り、特に会社に対して不満はありません。いや、ちょっとはあるけど、みんなそうだし、本当に優秀な同期に囲まれてあたしは今の会社に誇りを持っています。文句はめっちゃ言うけど、実際かなり守られてここまできました。

    育休も最大一年半取れるし、国から費用も出ます。

    でも、その道を選びませんでした。

    あたしは妊娠して、本能的に生まれ育った長野県に帰らなきゃと思いました。

    東京で子育てをするイメージが全く沸きませんでした。

    自分が大自然に囲まれて育っているせいか、都会の子育てに夢が持てなかったんです。

    高校卒業して、上京して早10年近く。

    大学、就活、社会人、結婚、妊娠。
    好きなことを好きなようにやってきて、やりつくして、もう何一つ後悔はないんです。

    仕事も五年弱ですが、がむしゃらにやってきて、後輩も何人も担当してきて、それこそ胃痛で会社やめたいときだって沢山あったけど、なんとかやってきました。

    みんな引き留めてくれました。
    ありがたいと思っています。
    でも、あたしは自分の決めた人生を、正しいと思った道を、自分で決めたいから、自分の決めた選択は絶対に曲げたくないんです。

    このままキャリアを重ねていけば、それなりの地位に就けたかもしれません。

    でも、働く女性はなんて過酷だろうと日々感じます。

    平日は仕事、帰って家事、子どもの世話、朝は託児所に子どもを預ける。そして仕事の繰り返し。

    世の中的に出産後も女性が働くことの重要性は叫ばれているし、国も設備や費用をかけはじめているのもわかっているけど、あたしは、想像するだけでしんどいです。

    両立、ワークライフバランス、きれいごとだと思います。何かを得るには何かを犠牲するんです。

    もちろん、両立している女性をあたしは心から尊敬しています。会社にも数人いらっしゃいますが、本当に素晴らしいと思います。
    あたしには、できないからです。

    自分が恵まれた環境にいるのは、よくわかっています。

    仕事を取るか、家庭に入るか、パートをやるか。

    どんな道で正しいとか正しくないとかない。価値観の問題だと思います。

    と、疲れたのでおわります。中途半端だけど。

    少子高齢化社会を迎える日本、まずは会社に託児所を設けるのはどうでしょう。

    さいごに、いつも自分が決めたら絶対曲げないあたしについてきてくれるダンナと、帰る場所を整えてくれる両親に心から感謝しています。

    12月、送別会と忘年会のオンパレード。

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << 7ヶ月検診(よめ) | TOP | 感情が(よめ) >>
    SunMonTueWedThuFriSat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comments
    Profile
    PR
    Links
    Other